~今月も市場最低水準が下がり続けています。~

2014年9月の住宅ローン金利は、引き続き世界中で金利の高い長期債が買われ、日本の10年物国債の金利も一時0.5%を下回りました。住宅ローン金利もこの流れを受け、10年を超える長期債を中心に、小幅ながら低下もしくは据え置かれました。ここ数カ月の住宅ローン金利は歴史的に見ても、たぐい稀な低さになっています。「各行の利益率は劇的に低下している」ということですが、それはつまり住宅ローンの「お得度」が劇的に上昇していることを意味します。これから住宅の購入を考えている方や、既存の住宅ローンからの借り換えを考えている方は、タイミングをしっかり見極め、柔軟に対応しましょう。地震が頻発している昨今、住宅ローンを増やしても耐震性の高い住宅を建てることが重要です。地震対策の為には耐震等級をしっかり取得した住宅がおすすめできます。

 

各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。ユーザー調査で、最も高い評価を受けているフラット35は、返済期間が21年以上の場合の金利が1.66%~2.33%(前月比-0.03%)(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは1.66%)、また、返済期間が20年以下の場合の金利が、1.38%~2.01%(前月比-0.04%)(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは1.38%)と今月も引き続き、5カ月連続で金利が引き下がりました。過去最低水準の金利の低さを更新しております。

 

フラット35の次に評価の高い住信SBIネット銀行は、これまで高い評価を受けている固定2年、3年、5年10年といった短期金利については据え置き、20年を超える住宅ローン金利を若干引き下げ、魅力的な水準でサービスを提供しています。変動金利の低さが特徴のソニー銀行は、変動金利を引き下げるとともに、中長期の金利を前月と比較して大幅に引き下げる等、積極的な対応が目立ちます。メガバンクの指標となる三菱東京UFJ銀行は、変動金利及び短期の住宅ローンを据え置きましたが、長期金利に関しては微調整を行い、10年を超える住宅ローン金利を引き下げました。三菱東京UFJ銀行に次ぐ人気を誇る三井住友銀行は、変動は据え置きで10年の金利を引き下げましたが20年・30年の金利は若干引き上げました。先月までは三菱東京UFJ銀行とほぼ同水準でサービスを提供していましたが、今月は若干差がついた感じです。先月はほとんどの銀行が短期や変動金利は引き下げたので、変動や短期は据え置き、20年以上の長期の金利が各銀行によって対応がわかれました。

 

2014年9月の日銀の会見を見ると9~11月期の景気に関しても、依然として強気のスタンスを変えていない事がわかります。円安にも関わらず、輸出が増えていないということを含めての強気の発言です。景気に影響が金利に影響するので、今後の日銀の姿勢は要チェックと言えるでしょう。

 

前回の景気回復が始まった2003年には、長期金利は0.435%の最低金利をつけた後に急速に上昇し、1.5%前後にまで、実に1%近く上がったことが分かります。仮に今後、景気回復が順調に進むのであれば、金利についても同じ様に+1.0%程度上昇する可能性がある、ということを示唆しております。繰り返しになりますが、長期金利も住宅ローン金利も「史上最低水準」にあるのは間違いありません。住宅ローン金利が全般的に史上最低水準を更新した今月=9月というのは、これまでと同様にやはり住宅ローンを検討するのにベストなタイミングが続いていると言えそうですね。愛知県で地震に強い家を建てるなら今がおすすめできそうです。住宅ローンを賢く活用して耐震・免震に費用をかけて、しっかりと地震対策をしていきましょう。

 

 

スマホアフィリエイト / ライブチャット / 工務店向け集客ノウハウ / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / FXシストレ比較 /
住宅ローンについての考察まとめ”
/ 内職 アルバイト / お小遣いNET / 主婦の在宅ワーク / 家計見直しクラブ / GetMoney /

ページランク表示