投稿日:

丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する

丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合、メガバンクの上位3行は、当初10年間の金利が固定される各行の主流タイプに関して、対応が変わり、足並みがそろいませんでした。

細かく見てみると丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合、三菱東京UFJ銀行は、変動金利を据え置く一方で、3年固定、5年固定を据え置く一方で、10年を超える中古固定、長期固定金利については引き下げています。

三菱UFJ銀行 に次ぐ人気と、住宅ローン貸し出し実績を誇るメガバンク、三井住友銀行は、丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合、前月すべての金利を引き下げた影響か、今月は据え置きとなりました。

メガバンクの最後の一角、みずほ銀行は、丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合、変動金利以外の金利をほぼ全て引き下げました。

2022年2月は、メガバンクによって判断が分かれた月になりました。

では、丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合、先月、金利を引き上げた、固定型住宅ローンの代名詞でもある全期間固定型金利の【フラット35】はどうなったでしょうか?

以上、丹羽郡大口町で自然素材の家を新築する場合の住宅ローン情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です